Category カテゴリから選ぶ

アベイ・ド・レランス

神に捧げられる神聖な修道士のワイン!

20年以上前に「あるフランスの島にすごいワインがある!!!」と、フランスのワイン生産者や、有名レストランのソムリエから噂を聞き、たどり着いたのが、カンヌ沖にある小さな島「サントノラ島」。そこにあったのは、西暦410年から存在する修道院「アベイ・ド・レランス」でした。

修道士たちは、睡眠・食事・祈りの時間以外は、「神に労働を捧げるため」にぶどう栽培・ワイン醸造を行っております。彼らは自然派農法により丁寧に収穫した葡萄から巡礼者のための特別なワインをつくります。そして、その残りの葡萄を絞ったワインを自分たちが週に一度飲むのです。つまり、販売のためのワインではなく、このワインを飲むためにはこの修道院に巡礼にいくしかありません。

どうしてもこのワインを日本のお客様にお届けしたい…
しかし、当然無理。何と言っても非売品で、例えば、カンヌ映画祭の晩餐会で使用されたり、ローマ法王に献上されるなど、この修道院の紋章を市のシンボルとするカンヌの特別な方にしかお譲りしないワインなのです。

しかし、ヴィノスの本店のある静岡市とカンヌ市が姉妹提携だったことから、当時の静岡市長からカンヌ市長を通じ、このワインが初めて島を出て日本に来ることになったのです。

初めて、このワインが島を出て日本に来る…
買付けの様子はカンヌタイムズの一面記事に取り上げられ、現地のテレビにも出演して大ニュースとなりました。

それから20年の月日が流れ、世界的にも類のない最高品質のワインを今なお造っています。

修道院の長を務め、醸造も務めるフレール・マリーパック氏は、当店との長年のパートナーシップと信頼があるヴィノスだから、「ヴィノスのお客様は特別」といって、現地フランスでも入手困難のこの修道院のワイン達を年に一度、ほんの少しだけ分けていただいております。

ワインをビジネスのためではなく、自己実現のためでもなく、ただ神に労働を捧げるために造る…そんな崇高なワインなのです。

8件あります

並べ替え:

8件あります